鹿教湯病院

睡眠障害リハビリユニット

SAS(睡眠時無呼吸症候群)治療のおすすめ

健康な日常生活には、良質な睡眠が不可欠 です。
皆さんは良い睡眠がとれていますか? 

いびきは異常?

いびきあなたは毎日いびきをかいていませんか?
家族にいびきがうるさいと言われたことはありませんか?

常習的で大きないびきや、呼吸が止まるいびきは要注意です!!

こんな症状はありませんか?

・・・ご自分で思いあたる症状はありませんか?

睡眠時無呼吸症候群は適切な治療を受ければ症状をコントロールでき、元気な生活を取り戻すことができます。

SAS治療に対する当院の取り組み

睡眠障害イラスト当院では、睡眠障害リハビリユニットを設けております。『いびき』や『睡眠時無呼吸症候群』は睡眠を妨げるだけではなく、日中の眠気による仕事の能率低下や居眠り運転事故など、社会生活にさまざまな支障を来し、高血圧症や不整脈、狭心症、心筋梗塞、脳血管障害などの誘因ともなります。 またナルコレプシーなどの過眠症も睡眠障害の一つです。

SAS治療の目的

睡眠改善イラスト睡眠障害の精密診断と治療には睡眠状態と睡眠中の身体機能を客観的に評価する、睡眠ポリグラフ検査(PSG)をはじめ呼吸機能や心機能、などの検査を行う専門施設が必要です。さらに、呼吸器科、循環器科、耳鼻咽喉科、歯科、神経科など各科専門医および臨床検査技師、看護師などの連携と共同によるチームケアも不可欠です。当睡眠障害リハビリユニットはこのような機能を持った専門医療施設です。

ポリソムノグラフィー(PSG)検査とは

一晩入院していただき、睡眠中の呼吸活動やいびきの状態、低酸素の程度、脳波や心電図などを連続して記録し診断する精密検査です。

ポリソムノグラフィー検査 ポリソムノグラフィー検査内容

お申し込み

鹿教湯三才山リハビリテーションセンター 鹿教湯病院
地域医療連携室(TEL:0268-44-2111 内線3131)