最新のリハビリテーション

LSVT BIG®とは

LSVT BIG®とは

アメリカで考案されたパーキンソン病の短期集中プログラムです。繰り返し練習することで、大きな動作の獲得を目指していきます。所定の研修を受けた理学療法士や作業療法士のみ治療が可能です。鹿教湯病院では、2名の有資格者(H30年4月1日現在)がいます。プログラム実施に当たって、原則1ヶ月間以上の入院をしていただいます。

対象者

※ Hoehn & Yahr 重症度分類

0度 パーキンソンニズムなし
1度 一側性パーキンソニズム
2度 両側性パーキンソニズム
3度 軽~中等度パーキンソニズム
姿勢反射障害あり。日常生活に介助不要。
4度 高度障害を示すが、歩行は介助なしにどうにか可能
5度 介助なしにはベッド又は車椅子生活

引用先:指定難病の要件について(厚生労働省)

注意点

医師などの判断により、LSVT BIG®の対象とならない場合は、通常のリハビリ入院となる可能性があります。また、LSVT BIG®の実施期間中でも、ご本人の意志によりLSVT BIG®を中断し、通常のリハビリを受けることも可能です。

 

お申し込み

鹿教湯病院 地域医療医連携課 ℡0268-44-2111(代)

お電話にてお問い合せください。費用は通常の保険診療として行います。