レポート

『上田わっしょい』『丸子ドドンコ』地域のお祭りに参加しました。

上田わっしょい 平成29年7月29日(土)

上田わっしょい2.jpg上田市民が大勢参加する夏祭り『上田わっしょい』に今年も当センターから「介護療養型老人保健施設いずみの」の職員を中心に参加しました。生バンド演奏に合わせてみんなが歌い踊り、真夏の夜空に響く「わっしょい!」の掛け声の元、爽快に歌い踊りました。

 

 

丸子ドドンコ 平成29年8月5日(土)

丸子ドドンコ.jpg

地元丸子のお祭り『丸子ドドンコ』に青年部が参加しました。このお祭りは上田市上丸子商店街周辺を昼間は「みこし」、夕方からは「おどり」で練り歩きます。青年部は「おどり」で参加し、熱い夏祭りを過ごしました。

 

 

[カテゴリ:レポート][2017/08/11:センター]

8月4日栄養の日に特別献立を実施しました

今年度より日本栄養士会では、8月4日を「栄養の日」、8月1日~7日を「栄養週間」と制定し、この期間に各種イベントを開催することになりました。そして、管理栄養士・栄養士が働く施設等でのイベント開催の要請があり、センター栄養科として上田地域の郷土料理を特別献立では提供することにしました。

栄養.bmp

鹿教湯三才山リハビリテーションセンター鹿教湯病院・三才山病院・老健いずみのにおいて、それぞれ献立を考え、提供しました。
鹿教湯病院と三才山病院は、8月4日に信州上田「美味だれ」を使用した献立を提供しました。

鹿教湯 0804 特別献立 写真.JPG 三才山 0804 特別献立 写真.JPG
鹿教湯病院 三才山病院

 

老健いずみのでは8月1日~7日の「栄養週間」中、毎日夏の特別献立を実施。
また、信州上田「美味だれ」は、8月1日に提供しました。

いずみの 0804 特別献立 写真.JPG 献立表.bmp
老健いずみの 特別献立

 

[カテゴリ:レポート][2017/08/07:センター]

日本医療機能評価機構より認定を受けました。(鹿教湯病院)

鹿教湯病院では財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価を受審し、主機能「リハビリテーション病院」、副機能「慢性期病院」および「リハビリテーション付加機能」のすべての審査項目にわたり標準以上のレベルをマークしたとして平成29年5月12日に認定証の交付を受けました。

リハビリテーション病院.jpg  慢性期.jpg  リハビリテーション機能.jpg

これからも鹿教湯病院では、「私たちは、保健、医療、リハビリテーションおよび福祉活動を通じて高齢者・障害者が自分らしく生き生きと輝いてくらせるように、地域のみなさまとともに支援いたします。」の病院理念のもと、更なる医療の質と安全の客観的な評価の向上に努めてまいります。

[カテゴリ:レポート][2017/07/14:鹿教湯病院]

平成29年5月31日に発生した「降ひょう被害」に支援金を贈呈

平成29年5月31日に発生した『降ひょう』により、長野県内の上小地域等の果樹や野菜に大きな被害が発生しました。当センターでは被災地域の農業者並びにJA関係者の皆さんへの支援として募金活動をおこない、このたび支援金を地元農協(信州うえだ)へ贈呈しました。
地域の組合員の皆さまへの見舞金として活用していただく予定です。

降ひょう被害支援.JPG

 

[カテゴリ:レポート][2017/07/04:センター]

小林俊夫医師(名誉センター長)が厚生労働大臣より感謝状

当センター呼吸器内科・小林俊夫 医師(名誉センター長)は長野県労働局地方労災医員として労働基準行政の推進に多年に渡りご尽力されてきました。これまでのご功績に対して厚生労働大臣より感謝状が贈呈されました。

小林先生表彰.jpg

小林俊夫 医師(名誉センター長)

[カテゴリ:レポート][2017/06/06:センター]

脳損傷者の就労支援連携事業協定を上田公共職業安定所と締結しました (三才山病院)

平成29年3月28日、脳損傷者による後遺症による障害に悩む方の社会参加の一環として、「脳損傷者の就労支援連携事業協定」を三才山病院は上田公共職業安定所と締結しました。
脳損傷者の就労に関する取り組みで、病院と公共職業安定所の連携協定は全国でもほとんど無く、長野県では初めての試みとなります。

協定.JPG

詳細については後日ホームページでお知らせします。

[カテゴリ:レポート][2017/03/28:三才山病院]