JA共済連より助成をいただき購入した医療機器のお披露目式を開催しました。

JA共済連より助成をいただき購入した医療機器のお披露目式を、平成30年3月16日(金)にJA関係者ならびに当センター職員の出席のもと鹿教湯病院にて開催しました。
この助成は「救急・リハビリ医療」の充実を図ることを目的として創設されたもので、鹿教湯病院では助成をいただき以下4点の医療機器を購入いたしました。

  1. 患者生態情報監視装置
  2. 多項目自動血球分析装置
  3. 経皮血液ガスシステム
  4. 電動トレッドミル

この最新医療機器を有効活用し、救急ならびに地域医療、リハビリ医療に貢献してまいります。

多項目自動血球分析装置の設置場所である臨床検査室にてテープカット

te-pukatto.JPG

<左から、JA共済連 堀 東信事業所長、JA信州うえだ 坂下組合長、黒岩センター長>

トレッドミル.jpg
<リハビリ機器の機能説明をおこなう理学療法科 丸山技師長>

機器.jpg

[カテゴリ:センターからのお知らせ][2018/03/23:センター]