看護部

看護部の理念と目標

鹿教湯病院看護部 理念

 私たちは、高齢者・障害者が地域や医療・福祉施設で、安心して自分らしく生き生きと輝いてくらせるように、質の高いケア心地良いケアの提供に努めます。(平成28年3月改訂)

 

鹿教湯病院 看護部方針

 当院の対象者である高齢者や障害を持たれている方が、自分らしくいきいきと生活できるように、私たち看護部職員はナイチンゲールKOMIケア理論や看護者の倫理綱領に基づき、「質の高いケア」や「心地よいケア」を提供する。また、多職種と協働し、その方の「もてる力」「できる力」を引き出し、それを充分発揮できるように生活の自立とその質の向上を図る。また、住み慣れた地域で生活できるように在宅生活を踏まえた支援を行う。障害者施設等入院基本料や医療療養病棟、老健いずみのにおいては、対象者・利用者の方のエンドオブライフを支えるために最善を尽くす。そのためには、看護師は専門職としての知識を高め判断能力を向上させること、介護職は高齢であっても障害があっても、幸せな生活が送れるようなケアの提供に努める。

 

 

平成29年度鹿教湯病院看護部目標

1.センター看護部一本化に向け、基準・手順や電子カルテ、物品などをセンター内統一化する。

  2.看護小規模多機能開設に向けた、システムの構築と関連研修の受講を進める。

3.患者や利用者の視点でケアができる看護部職員を育成と、認定看護師・各種専門療法士確保の推進、特定行為も含めたプライマリー看護の研修などを推進する。

4.ベット稼働率96%以上看護部ができる財務管理を行い、平成30年度医療・介護同時報酬の改定に対応できるように準備し健全経営を目指す。

5.センターとしての病棟再編成、地域医療構想に参画して、将来のセンターの方向性を重点的に検討する。

 

ケアの定義

看護スナップ鹿教湯病院看護部では、看護・介護を総称する場合『ケア』と表現する。
ケアとは人間のあり方(法則)を知って、一人ひとりの人間の生命力の幅が広がって行けるよう、また、内に宿る生命力「もてる力」を十分に活かして生きて行けるように(時には死に逝く過程を限りなく自然死に近づけるよう)に、さらには病を持った人に対しては、その回復力を妨げないように、その人の生活過程の質に眼を向けてその生活を健康的に整えていくこと。

 

鹿教湯病院教育方針

当院の看護教育は、看護部の理念を基盤とし社会の変化や医療の進歩に合わせ、看護・介護の根拠をもって、安全に医療・リハビリテーションケアが提供できる看護職の育成を目指す。教育の取り組みに関しては、倫理綱領に基づき看護部教育委員会の中でキャリア開発を含めた人材育成、看護職員の資質の向上を図るために、看護教育を実践する。看護教育委員会では、教育プログラムに沿った教育の企画、運営、実施、評価を行い、知識、技術の育成や個人のスキルアップを図る。

 

鹿教湯病院平成29年度教育目標

1.看護師・介護職それぞれの専門性に沿ったスキルアップを図るため、厚生連研修や看護協会の研修、介護福祉士会の研修、その他学会等と連動したMBOによる目標管理を実施し受講率のアップを図る。

2.認定看護師・各種専門療法士や各種研修修了者の一覧表の掲示と、受講者に講師や委員会活動等依頼し有効活用を図る。

3.平成30年度に特定行為も含めたプライマリー看護、脳卒中リハ看護や摂食・嚥下障害看護、WOC認定看護師の教育課程へ受講する看護師を育成する。

 

三才山病院看護部 理念と目標

   「私たちは、患者さんを中心とした「納得の看護・介護」を行います。」

  1. 看護・介護の質の向上を目指し、患者さんに安心して入院生活を送っていただけるような病棟を創る。
  2. 一人ひとりが職業人としての自覚を持ち、業務実践に責任を持つ。専門職としての自己研鑽に努める。