薬剤部

多職種のチーム医療

ICT(Infection Control Team)

ICT.JPG感染対策チームは病院を利用する患者・家族・訪問者はもちろん、現場で働くすべての人を感染源から守るべく日々活動しています。チームは医師・薬剤師・臨床検査技師・看護師で構成されています。
毎週木曜日には病棟やリハ室、外来診察等を訪問し感染を広げるリスクがないかチェックし、部署担当者に指導を行っています。また、信州大学附属病院や相澤病院とも連携し、定期的な会議での情報交換や、お互いの病院を訪問ラウンドすることで、地域全体で感染を広げないよう取組を行っています。

NST(Nutrition Support Team)

NST.JPG栄養サポートチームは、医師、薬剤師、管理栄養士、看護師、臨床検査技師、言語聴覚士などの多職種で、患者さんひとりひとりに合わせた栄養管理を適切に実施する事を目的に回診やカンファレンスを行っています。輸液を含め、薬剤に関する知識は栄養管理を行う上でとても重要であり、薬剤師はNSTにおいて欠かせない存在となっています。

褥瘡対策チーム

褥瘡.JPG褥瘡対策チームは、医師、薬剤師、管理栄養士、看護師、理学療法士、作業療法士などと共に病棟ラウンドを行い、患者さんの状態に合わせ適切な薬剤の種類や使用方法をアドバイスしています。