回復期リハビリ

主なスタッフ紹介

リハビリテーションは患者さんが主役です。

患者さんを中心として、医師・看護師・リハビリスタッフ・介護スタッフ・医療ソウシャルワーカー・薬剤師・管理栄養士など多職種間で連携をとりながら在宅復帰を目指しています。

 職種.bmp

医師

医学的な全身管理はもちろん、ご家族と話し合いリハビリテーションの治療目標を立てます。話し合いの中心になりリハビリテーションチームをまとめます。
 

看護師

心身の医療的ケアと生活の自立を支援するリハビリテーション看護を行います。
 

介護福祉士・看護助手

患者さんの生活の最も近くで生活動作が自立できるようにきめ細かく支援をいたします。またご家族に介護方法の指導をさせていただきます。
 

理学療法士

起き上がる・座る・立つ・歩く・車いすをこぐ等の生活の中の基本的な動作を練習し、通勤、労働、ウォーキング、ジョギングなどのその人らしい活動につながるように支援します。
 

作業療法士

身の回りの生活動作が自立し、退院後も職業、家事、趣味活動などが生きがいをもって続けられるように実際の練習、道具の工夫、環境などあらゆる面からお手伝いします。
 

言語聴覚士

言いたい言葉が出てこない、相手の言葉が理解できない…といったことによるコミュニケーションの問題や飲み込めないといった問題に、適切な訓練・指導を行います。
 

医療ソーシャルワーカー

病気や入院に伴って生じる色々な心配事へのご相談に応じます。障害年金、身体障害者手帳、介護保険等の説明、必要な関係機関との連絡調整を行います。
 

義肢装具士

歩行を補助する装具や、義足、また車椅子などをご本人に合わせて製作します。
 

臨床心理士

精神機能、心理面に対して検査を行い今後の生活に必要な相談や治療を行います。
 

薬剤師

症状に合ったお薬の内容を主治医と検討します。また自己管理に向けた指導を行います。
 

管理栄養士

リハビリテーションに必要な栄養管理と退院後の食生活に向けた指導を行います。