看護部

他職種とのチームアプローチ

NST専門療法士とNSTチーム

医師、看護師、栄養士、検査技師、薬剤師で構成するNSTチームです。褥瘡患者や低栄養患者を中心に回診し、ケアに取り組んでいます。栄養についての院内の学習会をはじめ、チーム内でも毎月ミニ学習会を行い自己研鑽に努めています。

感染対策チーム

医師、看護師、検査技師、薬剤師、事務で構成する感染対策チームは、院内ラウンドを行い、適正な感染対策が行われているかなど項目をチェックし指導に当たっています。

褥瘡対策チーム

褥瘡対策チーム委員会では、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士・作業療法士がチームとなり、褥瘡の予防対策を行っています。また、難治性の褥瘡のケースについては病棟巡回を行い、早期治癒を目標に現場での検討・指導を行っています。その他には、その方に合った体圧分散寝具(エアマットなど)の管理や特殊車椅子の検討、新しい治療・予防対策情報の手段として積極的に日本褥瘡学会へ参加しています。褥瘡ゼロを目指して、日夜チームで取り組んでおります。

摂食・嚥下チーム

摂食・嚥下チーム委員会では、言語聴覚士・医師・歯科医師・看護師・管理栄養士・理学療法士・作業療法士がチームとなり、嚥下・摂食障害の患者さんへの対応方法の検討を行っています。咽頭造影(VF)や嚥下訓練を行い、一人でも多くの方に安全でおいしく経口から食事を食べていただけるように、日々チームで取り組んでいます。

糖尿病療養指導士と糖尿病サポートチーム

糖尿病教室現在、国内における成人4人に1人は糖尿病、もしくは疑いがあると言われています。糖尿病は、早期に発見することで糖尿病の進行や合併症の予防が可能な病気です。しかし糖尿病の多くは長い期間自覚症状がない状態で経過するため、発見が遅れるケースがよくあります。当院では定期的に糖尿病教室を開催し糖尿病患者様の早期発見に努めています。また、入院型、外来型の糖尿病指導にて多くの職種と共に、患者様の支援をさせていただいております。

ACLS基礎(ICLS)インストラクターとBLSチーム

ACLS基礎研修を受講し、インストラクターとして院内外で活動しています。今年度、ACLC人形を購入したため人形を使った研修会を企画しています。チームメンバーも増えたため、より一層BLS指導に力を入れ活動していきたいと思います。

エンゼルメイクチーム

エンゼルメイクチーム平成19年度より、エンゼルケアの見直しをはかり、「穏やかでその人らしいお顔に…」の願いを込めてエンゼルメイクを提供しています。一つ一つの行為をお伺いしながらご家族に寄り添うことで、私たち看護師自身も癒され、ケアに充実感を感じています。

呼吸療法士と呼吸器チーム

呼吸器教室当院では年に7回(2011年度)「呼吸教室」を開催し、患者さんやその家族、地域の方を対象に、呼吸器疾患に対する理解を深めて頂けるよう、疾患からリハビリ、日常生活支援について、様々な職種と一緒に取り組でいます。また、スタッフを対象に呼吸器疾患および呼吸器管理ついての学習会も計画しています

コンチネンスチーム

コンチネンスケアとは排泄障害の予防・治療・ケアのことです。今年度から立ち上げたコンチネンスチームは、一人ひとりの患者さんへ個別性に沿った排泄ケアができるように取り組んでいます。院内の学習会、排泄物品や排泄チェック表の改善、病棟内での多職種を含めた排泄チームの立ち上げなどまだ活動を開始したばかりですが「全ての人が気持ちよく排泄できる生活」を目指して活動を広げています。