当センターのリハビリテーション

理学療法

理学療法とは?

理学療法身体の各部分に特異的な運動を行わせ、必要ならば電気刺激や熱作用などを用いて「ゆがみ」を最小限にとどめ、「いとなみ」を最大限に発揮させながら基礎的身体機能を高める訓練を行います。

理学療法士の役割

理学療法理学療法士[PT(Physical Therapist)]は、身体に障害のある人に対し、治療体操などの運動や電気・音波などの物理的刺激を用いて、主にその基本的動作能力の回復を手助けし、その障害の中でより良い日常生活活動が出来るように援助することです。患者さんの病状を熟知し安全性を保ちながら最も高い身体機能の向上に努めています。当院ではリハビリテーション診療(訓練・指導)の中では主に次のような仕事を行っています。

身体機能の向上

病気による動作障害の改善(治療)に取り組みまた、廃用症候群(寝たきりによる運動・呼吸・精神などの身体機能の低下)の予防につとめます。さらに身体運動の基本である、「筋力」「持続力」「敏捷性」「バランス(安定性)」「柔軟性」の機能向上訓練を指導します。

基本動作能力の向上

「寝た状態から起き、起きて坐りそして立ち上がり、歩き出すまでの一連の動作」のことを基本動作といいます。日常生活として大切な動作です。この動作が安全に確実に出来るように指導します。

歩行練習・指導

歩行訓練足(下肢)等に障害があり歩くことが不自由な時は、歩行練習を指導します。障害の状態により、歩行(移動)を可能にするために補装具(杖や下肢装具、車いす)の検討指導もおこないます。さらに生活環境に近い、「階段、段差上がり、凸凹道、障害物を乗り越える、またぐ等」の応用動作練習も行います。

治療体操の指導

病状の改善・治療を目的に「五十肩体操」「腰痛体操」や「呼吸体操」「糖尿病運動療法」などの指導も行っています。

ADL指導

理学療法身体の機能を向上させ、能力の向上とともに日常の生活場面でのADL(日常生活動作)指導も他のリハスタッフと共に取り組みます。
このように私たち理学療法士は身体の機能を向上させることが主な仕事ですが、自宅での生活をシュミレーションして患者さんの社会復帰を他職種と協力体制をとり、お手伝いをしています。また獲得した機能の維持や生活指導など自宅へ帰られてからは訪問リハビリにて引き続き援助のお手伝いをしています。